「永遠」なのか「本当か」、「スロット」なのか「パチスロ」なのか、どっちにした方が検索に引っ掛かりやすいんでしょーか?

いつもそんなどうでもいいことを考えながら、このブログを書きはじめています。

ちなみに台湾では「パチスロ」ではなく「スロット」の方で定着してるみたいです。

他のカジノスロット機との区別はどうなってるんですかね。「日式スロット」とか?

まぁいいや。永遠はあるよ!


さて、今まで設定については一部店舗の閉電エリアのみ書いていましたが、24時間営業のノーマルエリアはどうなっているんでしょうか?

だって24時間営業ってことはお客さんが常に店にいるから設定変更できないですよね?

ということは全台設定1,2ってこと?

高設定を置いてしばらくそれで放置となると、えらいことになっちゃいますよね?

うーん、わからん。

さすがに低設定ばっかりだと誰も座らなくなっちゃいますから、それなりに設定使ってるとは思うんですが。

そもそも日本みたいに「営業中に設定変えたらダメ」とかルールがないでしょうから、普通に変えてるかもしれませんね。

台湾のスロは連荘が一通り終わるとすぐに交換しなきゃならないみたいな情報があったりしますから、交換のタイミングで設定変更かなぁと勝手に妄想。


余談ですが、お店によっては全台設定3以上と公言しているところもあったりします。

例えば、こ↑こ↓
ls
楽勝だぜ!(適当)

設定3以上でさらに半数設定6のイベントとかやってる。頭イカれてますね。
st
そして安心のIN/OUT公開。やべぇよやべぇよ……。

一番上の日本語は何なの、プレミアム店舗とは一体?

でもね、このお店、レートが1枚2.5元(約9円)なんです。

レートが2.5元じゃなければ、そして初代まどマギがあれば、台南エリアを拠点にしていたかもしれません。

レートは5元でオナシャス!

地域にこだわらず探せば、同じようなイベントを5元レートでやってるとこがあるのかもしれませんね。


今のところ各店の設定に関する特色はこんな↓感じです。

・最低○台は5,6使用
・全台設定3以上
・設定1,2,5,6で4段階(設定3,4使用なし)
・設定公開あり

個人的には全台設定3以上という特色にはうまあじを感じません。

狙いは高設定なので半端な設定は邪魔になります。

設定3なら打ち続けて大ケガする確率は減るでしょうけど、そもそも高設定じゃないなら退けばいいだけですからね。

なので、早めに判断できる設定4段階というのは凄く良いと思います。

お店によって独自の特色があるので、他にも驚くようなサービスをやってるトコがあるかもしれません。

興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか?(調査放棄)


そろそろ書くことがなくなってきたから観光方面のことも書かないとね。しょうがないね。

勝つために色々と調べていますが、調べなきゃよかった的なことまで分かったりして、ほんのりテンションダウン中です。

現実は厳しいです。

最後に独り言ですが、本日の民生5/9早場はリングが5だと予想。違ったらごめんね。

ではでは。